PROFILE

齊藤ジョニー / SAITO JOHNNY

シンガーソングライター。2011年、デビュー前ながらTaylor Swiftのオープニングアクトに抜擢され、その時のパフォーマンスが話題となり、SUMMER SONIC、荒吐フェスなどに出演。これがきっかけとなり、同年10月にメジャーデビューを果たす。
デビュー後はNew Acoustic Campなど本格アコースティック野外フェスに「Saito Johnny & Shoestrings」と名づけたバンドスタイルで登場。ギター、マンドリン、ウッドベース、フィドルという日本では異色の「弦楽器のみ」のバンド編成で、他とは一線を画すパフォーマンスで各会場を沸かせた。
デビュー・アルバム「I am Johnny」はロック・レジェンドをルーツに、カントリー、ブルーグラスまで幅広いルーツ・ミュージックへのオマージュが存分に込められおり、強烈なバンジョープレイやバスドラムを踏み倒すブルーグラスなロックナンバーが鮮烈な印象を残す一方で、その根底にはJ-POPに対する強い想いが伺える。
2012年3月、オースティンで開催された世界最大のミュージックショーケース・SXSWに出演。JAPAN NITEではHot Club Of CowtownのElana James(Fiddle)&Jake Erwin(Bass)と共演、帰国後はDavid BrombergのJapanTour仙台公演で共演など、海外アーティストとの交流も多く、どちらも見ごたえのあるセッションを披露し、「より攻撃的なアコーステック・ミュージック」「音楽の新たな扉」に果敢に挑んでいる。
2012年夏には2nd Album「齊藤ジョニー」をリリース。収録曲の「お世話になります」ではDrum&Chorusに奥田民生(UNICORN)、Guitar&Chorusに岸谷香(PRINCESS PRINCESS)が参加するなど、自身の名前を冠するに恥じない作品となっている。 あるときはブルーグラス・バンド、またある時はギターとバンジョーの弾き語りと、その形態を変えながら各地にてライブを展開している。

25-year-old Saito Johnny, currently of Tokyo, Japan, is swiftly gaining international popularity for his uniquely Japanese blend of bluegrass, country, rock and pop. In 2011 he was hand-selected by Taylor Swift to open for her on the Japan and Hong Kong legs of her tour, and it’s easy to understand why: although young, his skills as a writer of songs (whether acoustic ballads or fun, uptempo numbers) are matched only by his dexterity on the banjo, mandolin, and guitar and his sweet voice.
He started making music in Sendai, Japan as a teenager, and started paying his dues early, eventually working himself up to sold-out solo shows by the time he was in college. After graduation, he moved to Tokyo to give his music the chance for an international platform. And he’s succeeded- along with the aforementioned selection by Ms. Swift, he played Summer Sonic (Japan’s largest music festival) in 2011 and just released his debut album “I am Johnny” nationwide in October the same year.